一級.com

大手資格学校で長く講師を務めた複数の講師が集結し、一級建築士合格へのサポートをします。 設計事務所/審査機関/建設会社等、様々なシーンで活躍する講師達が知恵を結集し、 大手資格学校とは違う視点で、本試験の要素を深く読み解き、課題提供を中心に「合格する」ための情報提供を行います。

一級建築士製図_オリジナル製図課題1「感染症対策専門病院」をNOTEにアップロードしました。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。

本日は告知です。

オリジナル製図課題「感染症対策専門病院」をnoteにアップロードいたしました。

https://note.com/ikyu_qqq   ←こちらからダウンロードしてください。

本課題は無料提供となっておりますので、ぜひ挑戦してみてください。

課題の概要等は以下に書き綴りましたので一読いただければ幸いです。

 

(課題の趣旨・概要)

新型コロナウィルスが世界中で猛威を振るい始めて1年が経ちます。未だに収束に向けて、有効な解決策が見つからないままです。 さまざまな職種の人々が解決に向け試行錯誤し、また、社会提言を行っています。

この建築業界にも問題解決のため、何か貢献できることはないでしょうか?「建築」というハードを担う我々建築士にも何か提言できることはあるはずです。

一級建築士に求められる能力として、「社会問題の解決」も含まれると考えています。

新型コロナ収束のためには、「医療崩壊を防ぐ」ことが、最大の課題です。 この社会問題解決を今回の設計製図課題のテーマとしました。

 

感染症対策専門病院」

 

新型コロナウィルス対策を前提とした病院を考え、設計してみてください。

もし、感染症対策の専門病院を作るとしたら、どんな工夫、配慮が有効か、知恵を絞って計画してみてください。

「病院」の設計は、設計製図試験の基本である「ゾーニング」を明確にしなければならない施設です。

試験勉強としても有意義なテーマだと思います。

 

(解答例および記述参考例について)

ご所望の方はこちらからお申込み下さいませ。

(お問い合わせフォーム)

http://ikyu-qqq.com/otoiawase