一級.com

大手資格学校で長く講師を務めた複数の講師が集結し、一級建築士合格へのサポートをします。 設計事務所/審査機関/建設会社等、様々なシーンで活躍する講師達が知恵を結集し、 大手資格学校とは違う視点で、本試験の要素を深く読み解き、課題提供を中心に「合格する」ための情報提供を行います。

テーマ発表まで約1週間。今年はどんなテーマになるかを勝手に分析してみました。

テーマ発表まで約1週間ですが、今年はどんなテーマになるかを勝手に分析してみました。

 

過去(平成元年まで)の本試験テーマを遡ってみると、2014の「道の駅」を除き、大きく分けて以下の9つのカテゴリーに
分類できることがわかります。

1.コミュニティセンター
  2005 2000 1995

2.児童施設
  2016 2007 2003 1989

3.美術館
2019 2010 1994

4.図書館
2012 1997 1992

5.ホテル
2017 2008 1991

6.スポーツ施設
2018 2008 2002

7.研修所
2013 2004 1996

8.事務所
2009 1998 1990

9.高齢者施設・居住施設
2020 2015 2011 2006 2001 1999 1993


居住施設に関しては、5年に1度ぐらいのペースです。
それ以外のテーマは、10年に1度ぐらいのペースです。

コミュニティセンターについては、2009年の新試験傾向以降は出題がありません。
より具体的な用途を指定しているからかもしれません。

10年に1度のペースで考えると、「図書館」、「事務所」辺りが今年のテーマに
なってもおかしくなさそうです。
他には「研修所」も可能性が高そうですね。

そんな分析を踏まえ、「地方自治体の庁舎」と「書店が運営する図書館」をテーマに課題を作成いたしました。
テーマ発表されれば、関係ないテーマの課題に取り組んでも意味がないと感じてしまうので、
それまでに是非、チャレンジしてみてください。


過去本試験テーマ:

2020 (R02)  高齢者介護施設
2019 (R01)  美術館の分館
2018 (H30)  健康づくりのためのスポーツ施設
2017 (H29)  小規模なリゾートホテル
2016 (H28)  子ども・子育て支援センター保育所、児童館・子育て支援施設)
2015 (H27)  市街地に建つデイサービス付き高齢者向け集合住宅(基礎免震構造を採用した建築物である。)
2014 (H26)  温浴施設のある「道の駅」
2013 (H25)  大学のセミナーハウス
2012 (H24)  地域図書館(段床形式の小ホールのある施設である。)
2011 (H23)  介護老人保健施設(通所リハビリテーションのある地上5階建ての施設である。)
2010 (H22)  小都市に建つ美術館
2009 (H21)  貸事務所ビル
2008 (H20)  ビジネスホテルとフィットネスクラブからなる複合施設
2007 (H19)  子育て支援施設のあるコミュニティセンター
2006 (H18)  市街地に建つ診療所等のある集合住宅(地下1階、地上5階建)
2005 (H17)  防災学習のできるコミュニティ施設
2004 (H16)  宿泊機能のある「ものつくり」体験施設
2003 (H15)  保育所のある複合施設
2002 (H14)  屋内プールのあるコミュニティ施設
2001 (H13)  集合住宅と店舗からなる複合施設(3階建)
2000 (H12)  世代間の交流ができるコミュニティセンター
1999 (H11)  高齢者施設を併設した集合住宅
1998 (H10)  多目的ホールのある事務所ビル
1997 (H09)  緑豊かな吹抜け空間のある地域図書館
1996 (H08)  景勝地に建つ研修所
1995 (H07)  市街地に建つコミュニティセンター
1994 (H06)  地方都市に建つ美術館
1993 (H05)  メゾネット住戸のある集合住宅(3階建)
1992 (H04)  アトリウムと小ホールをもつ地域図書館
1991 (H03)  シティホテル
1990 (H02)  地方公共団体の庁舎
1989 (H01)  小ホールをもつ児童センター